オフィスアイテム

遅滞なく記帳処理をこなすなら記帳代行の活用がおすすめ

電卓と数値

会社のお金で消耗品を購入したり接待したりすれば、その金額と内容をきちんと記録しておく必要があります。この業務を記帳と言いますが、専任の担当者がいない場合、後でやろうと先延ばしにしてしまうことが非常に多いです。しかし、記帳は、お金の動きが発生する度に、遅滞することなく処理しておかないと、後で困ることが多々あります。例えば、もらったはずの領収書が見当たらない、領収書はあるものの金額の記載が間違っていて訂正したものをもらいなおす必要がある、或いは、領収書の受取忘れでいくら使ったか正確に覚えていないといったケースもあるでしょう。
この点、記帳代行を導入して決まったスケジュールで領収書等を業者担当者に提供するというルールを決めれば、状況は随分と改善されるはずです。経理担当の専任者を雇って記帳を任せる方法もありますが、これだと、スタッフ一人分の人件費を会社がフルで負担しなければなりません。
これと比較すれば、記帳代行の業者に利用料を支払う方が、負担する金額は遥かに安くなります。会計年度の終わりには、記帳の内容をもとに帳簿を整え、納税の準備をする必要もあります。記帳代行を利用して常に正確で遅滞のない記帳を行っていれば、何ら慌てることなく対応できます。ぜひとも前向きに導入を考えてください。

業務負担を減らして高品質の帳簿を作れる記帳代行を利用しよう

外注サービスを利用することで、社内スタッフの業務負担を大幅に減らし、なおかつ社内で対応するよりも高品質の成果物を入手できる場合があります。記帳代行も、まさにそうしたメリットが期待される外注サービスの一つですので、是非、導入することをおすすめします。
こぢんまりした小規模の会社では、一人のスタッフがいくつもの任務を兼ねているケースは珍しくありません。経理などは特に、経営者自身が兼任の場合も多いですし、そうでなければ、総務などの事務系の社員が兼任している場合もあるでしょう。しかし、経理と一口に言っても、記帳業務に関しては、会計、簿記といった分野に明るく、実務上の応用力も判断力も備えたスタッフに担当してもらう方が賢明です。それというのも、記帳に当たっては、意外と仕分けの段階で判断に迷うケースが多く、そんな場合、色々な情報に当たって適切な仕分け方法を調べるなどして、非常に手間暇がかかることが多いのです。
その点、記帳代行のサービスを利用すれば、こうした面でのノウハウを豊富に備えたスキルの高い人材を、雇用することなく自社のために活用できます。経理代行の業者に当たってみれば、記帳代行について詳細を教えてもらえますので、是非チェックしてみるといいでしょう。

上手に活用すれば社内の業務負担を軽減できる記帳代行サービス

スタッフの数と業務量のバランスを上手く取ることは、経営を順調に進める上で非常に重要なポイントとなります。この際、スタッフの数として、単純に会社で雇用している社員だけをカウントするのではなく、外注で活用できるスタッフも考慮に入れることで、より合理的でコスパの面でも優れた業務分担体制を構築できるでしょう。
例えば、経理業務の大半は経理代行という業者サービスを導入することで、社内に経理専門の社員を置かずに済みます。経理業務のすべてを外注するだけの資金面でのゆとりがないなら、記帳代行だけを選んで業者に外注するという対応も可能です。実際、幅広い経理関連の仕事の中でも、記帳はとくに負担が大きい部分なので、記帳代行一つをサービスとして利用するだけでも、社内の負担を減らす上では大きなインパクトがあるでしょう。
記帳代行を導入したら、一番に対応すべきことは、請求書、通帳写し、領収書といった証憑類を紛失したり破損したりしないよう、しっかり管理する手順を整えることです。その上で、記帳代行の業者と契約で取り決めたタイムラインに沿って、誰が業者担当者にそうした書類を提供するのか、担当者と手順を定めて、確実に記帳業務をしてもらえるようにしましょう。

トピックス

丸を付けた数値

記帳代行を利用することで合理的な業務分担を実現しよう

業務量そのものは同じでも、それを誰にどのように分担するかによって、効率よく仕事が回る場合もあれば、そううまく行かない場合もあります。仕…

詳細を読む
ノートパソコン

記帳代行の利用開始に適した時期

記帳代行は、経理業務の中で非常に作業量が大きくて負担になりがちな記帳を外部業者に実施してもらえるサービスです。これを導入することで、会…

詳細を読む
領収書

人件費の調整に有効な記帳代行サービスの活用

経営上負担しなければならない経費のうち、人件費については、最初からできるだけ増やさない方向で調整を図る必要があります。最初に無闇と人を…

詳細を読む